文字サイズ

卒業生の声

医学アカデミー卒業生の声

平成23年度  夜間課程 卒業

介護老人保健施設 志木瑞穂の里 勤務 大塚 修さん

『キャリアアップ②』

  大学を卒業後、会社員を経て介護老人保健施設で介護の仕事に就いていました。そこで、理学療法士の仕事を目の当たりにし、理学療法士として関わることができたら、何ができるだろうか。そんな思いから、この道を選びました。働きながら3年間でキャリアアップすることができました!

平成26年度  昼間課程 卒業

川越リハビリテーション病院 勤務 八木 友弥さん

『祖父の力に』

学生時代に、祖父が病気になりリハビリに励んでいる様子をみました。自分が祖父のためにリハビリができたら・・・そんな思いから理学療法士の道を選びました。
勉強の毎日ですが、やりがいを持って働いています。

平成28年度  昼間課程 卒業

川越リハビリテーション病院 勤務 竹内 颯弥さん

『スポーツが生かせる仕事③』

サッカー部に所属していた私は、毎日練習に励んでいました。しかし、ある日ケガをして戦線離脱を余儀なくされました。そんなときに、心身共に支えてくれた理学療法士に出会いました。
今は私自身が助けられ、助ける仕事に就いています。

平成27年度  昼間課程 卒業

川越リハビリテーション病院 勤務 菅野 真純さん

『スポーツが生かせる仕事②』

高校ではテニス部に所属。スポーツに興味があった為、スポーツに携わることができる理学療法士という道を選択しました。理学療法の勉強をしていくなかで、スポーツの世界以外にも、小児から高齢者まで幅広い世代の方を対象とする仕事ということを知りました。
今は患者さんの笑顔や感謝の言葉をいただきながら、やりがいをもって働くことができています。



平成26年度  夜間課程 卒業

介護老人保健施設 瑞穂の里 勤務 大野 孝徳さん

『キャリアアップ』
            
大学卒業後、介護・相談員として介護老人福祉施設で働いていました。
このキャリアにあった個人指導により夜間3年間という短期間で、資格取得ができました。
理学療法士という仕事に、やりがいをもって働いています。